teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


似たようなことが・・・

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 8月 6日(日)17時18分55秒
返信・引用 編集済
  暑中見舞い申し上げます。

2年前から朝夕の散歩時でも、300m毎に休憩しなければ大腿骨付け根付近が痛み歩行困難となり困り、近くの整形で見てもらっても電気治療の繰り返しで痛みは増すばかりでした。

紹介状を書いてもらい、市大病院の整形外科の腰痛専門医に見てもらったらすぐに頸柱管狭窄症と判明。
半年かかって手術の予約が取れ、背骨第4関節を切り離し骨の一部を埋め戻し、ボルト4本で固定の手術で回復中です。

真夏でも背骨固定のための分厚いコルセットを着込み養生しておりますが、歩行のためのリハビリのためと思い、長時間は無理ですが極力、天白広場にやってきては飛行機を飛ばしています。

必ず麦藁帽を被って炎天下でも歩いていますが、山田(H)さんと似たような症状で、少し頭や顔が痒いと思っていたが薬を塗るほどでもないが、紫外線負けでしょうね。

古い話、亡き親父も皮膚病の塗り薬を何種類も見掛けたが記憶が在りますが、趣味が農作業で一日中外で作業しますから、そんな事だったのでしょうね・・・。
 
 

Re: 紙飛行機と湿疹

 投稿者:0084  投稿日:2017年 8月 2日(水)16時26分4秒
返信・引用
  > No.453[元記事へ]

やまだHさん お久しぶりです。

紫外線によるアレルギーに悩まされていたとは知りませんでした。
私は紫外線によるアレルギーはありませんが、西区に転居してから、紙飛行機を飛ばす機会がめっきり少なくなり、脚力の衰えが気になっております。紙飛行機を飛ばして、毎日歩き回ることは健康・体力維持にいいと思います。お互い、紫外線対策を十分にして、紙飛行機飛ばしを楽しみましょう。


> 暑中お見舞い申し上げます。
> 紙飛行機飛ばして炎天下歩き回っておられる諸兄、湿疹に悩まされている方はいませんか? もしかすると紫外線の所為かも…
> 小生、全身あちこちに湿疹が出来、十数年悩まされました。
> 皮膚科の医院は少ないせいか、やたら混んでいて2時間待ちも珍しくない状態。そして3分診療の後、処方される薬は十年一日。ステロイドの塗り薬と、花粉症にも処方される、アレルギーを抑える飲み薬のみ。思いあまって、高い初診料を払って、市大病院を訪ねても、ほとんど門前払い扱い、湿疹くらいで大病院に来るなです。
> このほど雁道近くの家を引き払って滝子近くに引っ越したのを機に、桜山の医者に診てもらっても『これは基本的には治らないだろう』と、そして同じ薬の処方でお大事に!
> ところが、この暑さと、家から神宮東公園まで少し遠くなったこともあって、飛行機飛ばしを暫くご無沙汰。そして二ヶ月。
> 驚いたことに、あれほど悩まされた、足、手、背中、首、顔にできていた湿疹、痒みが全くなくなりました。原因は紫外線にあったようです。完治です。
> 日光に曝されるのは両手と顔だけなのに、全身に出る発疹、これは考えられませんでした。
> 天白公園の諸兄の中にもし似た症状がありましたら、一度紙飛行機断ちをしてみて下さい、脚力低下に留意して。
> 紫外線(日光)ショック、日光アレルギーなど、ネット上にはたくさんの症例が紹介されているにも拘わらず、お医者さんでは見つけてくれません。検査器具のある大学病院は門前払い。頼りになるのはインターネットです。
 

紙飛行機と湿疹

 投稿者:やまだH  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時36分40秒
返信・引用
  暑中お見舞い申し上げます。
紙飛行機飛ばして炎天下歩き回っておられる諸兄、湿疹に悩まされている方はいませんか? もしかすると紫外線の所為かも…
小生、全身あちこちに湿疹が出来、十数年悩まされました。
皮膚科の医院は少ないせいか、やたら混んでいて2時間待ちも珍しくない状態。そして3分診療の後、処方される薬は十年一日。ステロイドの塗り薬と、花粉症にも処方される、アレルギーを抑える飲み薬のみ。思いあまって、高い初診料を払って、市大病院を訪ねても、ほとんど門前払い扱い、湿疹くらいで大病院に来るなです。
このほど雁道近くの家を引き払って滝子近くに引っ越したのを機に、桜山の医者に診てもらっても『これは基本的には治らないだろう』と、そして同じ薬の処方でお大事に!
ところが、この暑さと、家から神宮東公園まで少し遠くなったこともあって、飛行機飛ばしを暫くご無沙汰。そして二ヶ月。
驚いたことに、あれほど悩まされた、足、手、背中、首、顔にできていた湿疹、痒みが全くなくなりました。原因は紫外線にあったようです。完治です。
日光に曝されるのは両手と顔だけなのに、全身に出る発疹、これは考えられませんでした。
天白公園の諸兄の中にもし似た症状がありましたら、一度紙飛行機断ちをしてみて下さい、脚力低下に留意して。
紫外線(日光)ショック、日光アレルギーなど、ネット上にはたくさんの症例が紹介されているにも拘わらず、お医者さんでは見つけてくれません。検査器具のある大学病院は門前払い。頼りになるのはインターネットです。
 

名所?

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 7月11日(火)22時58分35秒
返信・引用
  OO84さん、最近は見掛けませんね。
半夏生の自生する日陰の谷はいまだ健在です。

少し前に公園課が雑草の手入れ始めたので慌てて止めに入ったら、「そこは刈り取りの範囲に入れてない」と言ってたが・・・・。

投稿の写真撮ってたら、短い時間でしたが「これ何ですか?」と何人かに聞かれました。

最近、此処を訪れた熟年主体の市民グループをグループを二度程、見掛けましたが、半夏生を前にして何やら説明をしていました。
最初から彼らのスケジュールに組こまれている様ですよ。
 

いいね

 投稿者:0084  投稿日:2017年 7月11日(火)17時16分52秒
返信・引用
  しばらく天白公園にいっていませんが、みなさんお変わりありませんか。

画像で拝見しますと半夏生がよく育っているようですね。
このまま育ってくれればきっと天白公園の名物になることでしょう。
 

七月二日

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 7月 2日(日)17時43分7秒
返信・引用
  半夏生(ハンゲショウ)は公園で保護されてさらに大きく成っていますが、葉の色も面白い模様になっていました。
少し下ったあたりでも育っていて、来年はさらに群生することでしょう。

公園の名物に成ればいいですね。
 

残った半夏生

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 6月20日(火)19時10分37秒
返信・引用
  公園の谷で雑草狩りの中で残された半夏生は、今が最盛期かな?。

細かいところはWさんが上手に手入れしていましたが、みんなで見守らなければいけませんね。

 

公園の池でヨシキリが

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 6月 7日(水)18時22分3秒
返信・引用
  今に時期は葦の茂みから縄張り主張の鳴き声だけが聞こえています。

先日、穂先に止まっていましたので撮ることができた。
そしたらすぐにカワセミも・・・。
 

今年は7月2日

 投稿者:0084  投稿日:2017年 6月 5日(月)14時56分34秒
返信・引用
  今年の半夏生は7月2日ですよね。
それまでは刈り取られずに残っているといいですね。
 

今年も育っています

 投稿者:ハスキー  投稿日:2017年 6月 4日(日)17時44分32秒
返信・引用
  今年も天白広場の片隅には”半夏生(ハンゲショウ)”が去年より範囲を広げて群生していました。

どうか、毎年ボランティアで自前の草刈り機で草を刈ってくれる二人のおじさん達にい願い、間違って刈り取らない様にお願いいたします。

さらに成長して葉の色が変わりましたら再び報告します。

因みに、塚本威彦著の”写真で見る里山の植物「瀬戸」”には記載されていませんでしたが、ここに何処から来たのでしょうか?。
 

レンタル掲示板
/45