投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『オン・エア』

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月19日(日)17時15分17秒
編集済
  日本盤『オン・エア』の店頭購入特典、アマゾンにもいつからか特典付きが登場してました。
アマゾンに予約していた方は早めに変更した方が得ですね。

それにしてもデラックスより通常盤の特典の方がいいと思っちゃうんですが、どうなんでしょう?

【早期購入特典あり】オン・エア(2CDデラックス)【特典:特製下敷きカレンダー+クリアファイル1枚】 SHM-CD ← \3888@amazon.jp

【早期購入特典あり】オン・エア【特典:特製ポスターカレンダー(B2)付】 SHM-CD ← \2700@amazon.jp


↓2CDデラックス盤特典の下敷きカレンダー+クリアファイル1枚(どれか一枚)と、通常盤特典のポスターカレンダー。

      
 

新作ブート

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月19日(日)13時56分0秒
  新作ブートは

『PARIS 2017 3RD NIGHT』(2CD)
『"ALL-MEAT MUSIC" WINTER TOUR 1973』(1CD)
『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST SESSIONS: 50TH ANNIVERSARY COLLECTOR'S EDITION』(2CD+2DVD+1BDR)

とたまっておりますが、今日はちょっと無理っぽいです。
特に怒涛のサタニックには戦慄を覚えております(笑)
 

Empire Pool, Wembley 1973

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月19日(日)13時41分42秒
  IORRより。
CBSが74年に放送したドキュメンタリー番組のようですが、53:24から"Gimme Shelter"、ミックのインタビュー、そしてエンドロールの最後、55:45から"Brown Sugar"が。
隠密と聴き比べてみましたが、"Brown Sugar"は1973/9/9のロンドンで間違いないですね。

と思ったらThe Complete Worksにも載ってました。

740811A  11th August: US TV (CBS) ‘CBS News Special: The Trouble With Rock’, incl.
                    - interview with MJ (probably in London 09.09.73)
                    - Brown Sugar (MJ/KR) -London 09.09.73, part only
                    - Gimme Shelter (MJ/KR) -London 09.09.73, part only

 

KEITH RICHARDS & The X-Pensive Winos

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月19日(日)13時11分45秒
  VH-1のCenter Stage用のリハーサル映像のようです。
本番が1992/12/28で、この日は12/27かな?

なぜかPart 2と3はまだ見当たりません~。 thanks マッキー!

KEITH RICHARDS & The X-Pensive Winos Chicago, Illinois, WTTW Studios. Rehearsals. PART 1


KEITH RICHARDS & The X-Pensive Winos Chicago, Illinois, WTTW Studios. Rehearsals. PART 4
 

マルコム、逝く

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月19日(日)00時06分52秒
  AC/DCのマルコムが64歳にして亡くなったそうです。

安らかにお眠りください。
 

Re:Get Yer~

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)12時14分35秒
編集済
  メイ&モモさん、こんにちは。
Moonchildのは、2012年にIORRで公開されたTEAGUE RAW Remasterが元ですね。
(いまもDLできます)

こちらは本編は『GET YER YA-YA'S OUT!』に『GET YER YA-YA'S OUT!』DeluxのボーナスCDからの補填となっていますが、なぜか"Satisfaction"はそっちには入ってないんですよね。
そしてボーナスは映画『GIMME SHELTER』からも補填されていますが、"Satisfaction"はそのボーナス側に入ってて、本編に差し込んだ疑似完全版とはちょっと違いますね。
そして元音源しか聴いてないのと細かく検証もしていませんが、"Carol"と"Honky Tonk Women"の演奏日クレジットは間違ってるのではと。

(追記:ちなみにうちの69コーナーのオフィシャル音源のまとめの表、こちらもわかりにくい順番のところがあったので直しました。)

このTEAGUE RAW Remaster、ネットに公開された音はかなりイコライジングされててヘッドフォンで聴くにはちょっとという感じなので、安いのはいいんですが、わたしはどうしようかなーと思っとります。
 

Get Yer~

 投稿者:メイ&モモ  投稿日:2017年11月18日(土)11時44分29秒
  Moonchildから\1000-で出たようですね?
何故か本編に満足マンゾーが抜けているようですがw
 

『DEFINITIVE MUNICH 2017』

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)11時18分12秒
  『DEFINITIVE MUNICH 2017』no label (2CD)
aud.recordings@Olympiastadion, Munich, Germany. Sep.12, 2017



●Disc 1
1. Intro. / 2. Sympathy For The Devil / 3. It's Only Rock'n Roll / 4. Tumbling Dice / 5. Out Of Control / 6. Just Your Fool / 7. Ride 'Em On Down / 8. Dancing With Mr. D / 9. You Can't Always Get What You Want / 10. Beast Of Burden / 11. Paint It Black / 12. Honky Tonk Women / 13. Band Introductions / 14. Happy / 15. Slipping Away

●Disc 2
1. Midnight Rambler / 2. Miss You / 3. Street Fighting Man / 4. Start Me Up / 5. Brown Sugar / 6. Satisfaction / 7. Gimme Shelter / 8. Jumping Jack Flash


ミュンヘンのアップグレード版。
No Filterツアー初日ハンブルグ公演から中2日で開催されたNo Filter第2幕ミュンヘン公演がさらなる向上をみせて再登場。

こちら、ライブから1ヶ月半後にネットに公開された極上のNeumann KM140's音源が元になっており、たいやきさんにこちらで教えていただいた情報によると、BTB欧州ツアーでも素晴らしい録音をして、多くがVGPからリリースされた有名テーパーさんによる作品とのことです。

先んじてリリースされた『MUNICH 2017』も"EX"~"EX-"で十分素晴らしいサウンドでしたが、こちらは超絶"EX"です。
一つ一つの音の粒が細かくクリアで、低音から高音域までしっかり捉えて音像も大きく、まさにピットからステージを臨む世界が脳内に広がります。
それでいて周りも騒がしくないという極上音源。
音源公開時のテーパーのコメントではずいぶん控えめな紹介がなされていましたが、何のなんの、凄まじい超高音質です。
この方Luck Dipだったようですが、運よくピットに入れてこうして素晴らしい音を残してくれて感謝感激です。
コメントによるとじっと立ってるのはきつくてとのことで、少し体勢を変えている間でしょう、ごくたまに音がやや左に寄るところがありますが、そんなの問題ない高音質です。

ということでこちら、まずは開演前のBGM、Dandy Warholsの"Bohemian Like You"からしっかり収録。
そこからオープニングSEが鳴り響いた興奮たるや、素晴らしい!
そして現金なものというか面白いもので、このツアー2公演目のミュンヘンの演奏はまだどうもなぁという印象でしたが、こうして超高音質で聴くとまた違って聴こえます。とはいえやっぱりもたついてるところはもたついてますが(笑)

ということでアップグレード盤なので演奏などの細かい点は省きますが、"Happy"、いきなり教育ママから入って、日が暮れる頃にはすっからかんとひっくり返して歌ってしまった迷演ですが、キースが曲名を告げたところで"Nice"と横の男性がこの迷演の予感もなく喜ぶさまが収録されているところがまたナイスであります(笑)
 

ALL MEAT MUSIC

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)09時47分54秒
  売り切れる前に紹介しようかと思ったら、もう完売だそうです~。
 

ON AIRいろいろ

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)09時30分3秒
編集済
  ●ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念企画“年代別ストーンズLIVEの目撃者たち”がスタート

ローリング・ストーンズが1963年から65年までの3年間、BBCのラジオ番組に出演した際のライヴ音源を収録する『オン・エア』が12月1日(金)に発売されるのを記念して、彼らのライヴの魅力を著名人が語る企画“年代別ストーンズLIVEの目撃者たち”が日本公式サイトでスタートしました。その第1回目に登場するのは、ピーター・バラカン。64年と65年にロンドンで観たライヴを語っています。貴重なチケットの半券とパンフレット(写真)も紹介されています。

また、『オン・エア』発売を記念した「ザ・ローリング・ストーンズ オフィシャル・コンセプト・ストア」が東京・渋谷 モディ1階と大阪・梅田 ディアモール大阪 DiA ROOMにオープンします。東京は11月23日(木・祝)から12月6日(水)まで、大阪は11月28日(火)から12月5日(火)まで。今年10月に終了したばかりの最新ツアー〈No Filter〉のマーチャンダイズなど、多彩な商品が販売されます。

http://www.cdjournal.com/main/news/the-rolling-stones/77856


●年代別ストーンズLIVEの目撃者たち:ピーター・バラカン氏

http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/onair-special01-01/


●ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念!『オン・エア』を予約して、ラジオを当てよう!キャンペーン実施!

ザ・ローリング・ストーンズの初期のラジオ用ライヴ音源(未発売音源も含む)を収録した『オン・エア』の発売を記念して、ザ・ローリング・ストーンズ/ 特製『オン・エア』ラジオを抽選で10名様にプレゼントするキャンペーンを実施します。

http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/2017-11-16-campaign/


●『オン・エア』の店頭購入特典決定!
12月1日(金)に発売されるザ・ローリング・ストーンズ、初のBBC音源作品となる『オン・エア』。このアルバムの国内盤のうち、通常盤1CD(18曲収録)と、限定盤2CDデラックス(32曲収録)について、店頭での購入者特典がつくことが決定した。

その特典の内容は昨年発売され大ヒットしたストーンズのブルース・アルバム『ブルー&ロンサム』でも特典となったカレンダー。今回の『オン・エア』では、通常盤を購入するとB2サイズのポスター・カレンダー(表がカレンダー、裏が海外版の販売告知ポスターの両面仕様)、限定盤を購入すると下敷きカレンダーとクリア・ファイルが特典となる。クリア・ファイルは4色を店頭してランダムに配布となる。

通常盤、限定盤ともに特典は数量限定となるので、予約がお薦めとなる。
(わかりにくいですが、ユニバのネットストアの予約でも付くようです。あとアマゾンにも)

http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/2017-11-06-news/
 

チェッカーボード・ラウンジ BOX

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)09時02分8秒
  海外のお友達からのメールで知ったんですが、その彼がワードレコーズから返事がなくて困ってると言っていたので、返事が来るまでは紹介も控えていましたが、めでたく返事がきたとのことで、こちらにも。

マディ・ウォーターズ&ザ・ローリング・ストーンズ/ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ1981【BOX】

・・・なんと9割引きセールです(爆)

13,886円→1,388円!

https://wardrecords.com/products/detail1389.html


こんなに割り引いて売ってることを考えるとほんと心配なんですが、大丈夫なんでしょうか。。。


 

GOATS HEAD SOUP

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)08時57分10秒
編集済
  ビールパパさん、Roger the Engineerさん、山羊頭賛歌ありがとうございます!

●ビールパパさん
あの3曲のPVをリアルタイムでご覧になられているとはうらやましい!
わたしは"Silver Train"を初めて見たのはいつだったか、、、たぶん青月のビデオ(笑)
初めて見たときにはあまりのカッコよさに痺れました。
Mr.D.の退廃的な雰囲気にもすっかりやられ(笑)


●Roger the Engineerさん
ありがとうございます!
あぁ~そうそう!なるほど!と読ませていただきました!!
そしてたしかに特にB面は統一感に欠ける作品ですね。
"Can You Hear The Music"で終わればいいのにといまも思ってます(笑)
わたしはあの日本楽器がとっちらかった後半も好きです(笑)

それにしてもこのアナログ、わたしは英ORG盤を手にしたのは数年前でしたが、その音の良さに驚きました。
それまでどうしても32DPとかのCDの音質にはなじめなかったのに、元はこんなにいい音だったのか?いままで聴いてた音は何だったんだんだと(笑)
それを当時から体験なさっていらっしゃったんですね!うらやましい。

> ところで"Mr.D"って誰なんだかいまだに判らない。Devil? Drugs? Death?
わたしは以前はずっとDevilだと思ってたんですが、歌詞を吟味するとDeath、死神みたいなもんだなという結論に至ってます。


●むーとんちゃっくさん
AslanのAngieありがとうございます。
初めて見ましたが、いいですね~。


●モンゲンナンジさん
上級者とかそういうのはないんじゃないですかね。
楽器や演奏や背景への造詣などなど、人によって聴き方はそれぞれでしょうが、それこそIt's Only Rock'n Roll!
その作品が好きか苦手か嫌いか、ご自身の好みの問題でよいではありませんか。
わたしはなんも詳しくありませんが、大好きです(笑)


ということであらためてMr.D.を(笑)

 

オールミートミュージック

 投稿者:atsu-yメール  投稿日:2017年11月18日(土)08時56分46秒
  今週は結構ドツボにハマってしまい、こちらも留守がちですみませんでした。

ますたぁ~、『ALL MEAT MUSIC』届きましたねぇ~!!

73を語る上では外せないのがこのニカラグア・ベネフィット!
音のバランスは決して良いわけではありませんが、テイラー好きにはたまらん一枚。

他に新作2枚たまってる上に届いたのがこれとサタニック。
さぁどれからいこうかと思いつつ、もう聴いてます(笑)
 

I can’t hear the music

 投稿者:モンゲンナンジ  投稿日:2017年11月17日(金)11時20分28秒
  『山羊の頭』のアクの強さより『It’s Only R&R』の分かりやすさになびいてしまう私は結局ストーンズ上級者になれないのだろうか・・・orz  

ASLAN PERFORMS ANGIE

 投稿者:むーとんちゃっく  投稿日:2017年11月16日(木)22時27分13秒
  こんばんは。
山羊の頭の話題でタイムリーかと思い、貼ってみます。
これ聞いたことありますか?すごくいいです!

https://www.youtube.com/watch?v=QsLijnGKyFU
 

Goats Head Soupは美味しい

 投稿者:Roger the Engineerメール  投稿日:2017年11月16日(木)19時33分24秒
編集済
  高1の時、LPレコード、Goats Head Soupを入手しました。
友人が一足先に入手したのが悔しくて、高額なUK盤を入手したわけですが
国内盤がジャケット同様に薄いベールがかかったような音質なのに対し、
オリジナルUK盤のメリハリの利いた音に友人一同びっくりした想い出のLPです。
(以後、できるだけ現地産のLPを買うことになります)

確かにそれまでのアルバムと印象が違うので違和感を感じたのは確かですね。
原因はA面の完成度の高さに比べると、B面の統一感の無さが否めないことと
Billy Prestonのクラビネットが目立っていることと、ワウ系エフェクトの効いたギターを多用しているせいだと思います。
良く言えばファンクっぽいけど、悪く言えばキース色が薄い、Open Gが聴こえない。
個人的には、キースのドラッグ感満載の"Coming Down Again"と"Winter"がお気に入り。
特に前者のBobby KeysのテナーとJim Hornのアルトサックスのダブルソロが好きですね。
それと、おそらくミュージックライフ誌のおみやげでもらったと思われる日本楽器が鳴りちらかす"Can You Hear the Music"の後半は好きになれません。
これをボツにして、ボツになった"Through the Lonely Nights"を採用して欲しかったとさえ思うくらいです。
ますます統一感は無くなりそうですが・・・

ところで"Mr.D"って誰なんだかいまだに判らない。Devil? Drugs? Death?
 

オールミートミュージック

 投稿者:ふぁにます  投稿日:2017年11月16日(木)16時49分28秒
  あとから掲示板みるとオネダリしてるようにみえますなー
お陰さまで昨日、昼一番に電話注文しました。
今日くるかなー、明日かなー。
情報ありがとうございました。
楽しみやー("⌒∇⌒")
 

山羊の頭のスープ

 投稿者:ビールパパ  投稿日:2017年11月16日(木)12時46分51秒
  賛否両論あることは百も承知ですが、私にとっては中学2年の時に初めてリアルタイムで買った思い入れたっぷりのアルバムです。当時テレビで「アンジー」「ミスターD」「シルバートレイン」のPVを視て、音楽はもちろん、「オカマの軟体動物」のようなミックと「この世で1番ニヒルで冷徹」そうなキースのルックスにもすっかり魅了されました。
このアルバムからストーンズ入門したせいで、私の中ではすっかり「ストーンズ=どろどろ妖しい」というイメージができてしまい、その後遡って購入した「メインストリート」のオープニング「ロックス・オフ」を聴いた時は、あまりのあっけらかんとした明るさに拍子抜けしたほどです。
海外でのライヴには縁の無い私ですが、ぜひ日本で生「ミスターD」を聴いてみたいものです。
 

あっちゃん はーと

 投稿者:ふぁにます  投稿日:2017年11月15日(水)23時26分3秒
  ありがとO(≧∇≦)O
 

グルメ向きスープ?

 投稿者:モンゲンナンジ  投稿日:2017年11月15日(水)23時04分39秒
  ツェッペリンでいえば、同じ73年に出た『聖なる館』みたいなものかもしれませんね。一聴ガツンと来るのではなく、リピートするうちに耳が馴染んできてよさが認識されるような・・・珍味とでもいうか(笑)。

私は未だその域に至りませんが。
 

/965