teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:藤畑  投稿日:2017年 8月17日(木)13時53分13秒
  工藤先生

書き込みありがとうございます。

この1年間、工藤先生には大変お世話になりました。大会には遠いところ何度も足を運んでいただき、夏には一度練習にも参加していただき本当にありがとうございました。

今後は練習等で後輩達をサポートしていきたいと思います。
またチームが新しくなりメンバーも変わりますが、チームはどんどん強くなっていってくれると思います。
今後とも北医バレー部をよろしくお願いいたします。


 
 

(無題)

 投稿者:石津光来  投稿日:2017年 8月12日(土)14時34分15秒
  工藤先生
書き込みありがとうございます。
1つでも多くの勝利を掴めるようチーム一丸となり頑張っていきたいと思います。
工藤先生には日頃から大変お世話になっております。本当にありがとうございます。これからも北医バレー部をよろしくお願いいたします。
 

ますますがんばりましょう☆

 投稿者:74期工藤  投稿日:2017年 8月12日(土)07時15分26秒
  藤畑前主将、お疲れ様でした。
なかなか同じメンバーで続けて試合ができなかったと思います。
東医体も思うような展開に持って行けなくて悔しかったのではないでしょうか。
まずは一休みして、後輩のサポート宜しくお願いします。

石津主将、1年間は長いようで短く、短いようで長いです。
息切れしてもいけないし、でも時間は限られていますので、技術のレベルアップとともに、チームの和で勝っていけるようなチーム作り、がんばってください!
なかなか行けませんし、行ってもあまり役に立てないですが、応援しています。
 

挨拶

 投稿者:石津光来  投稿日:2017年 8月11日(金)12時42分1秒
  OBOGの皆さん、いつもお世話になっております。
この度主将に任命されました、医学科3年の石津光来です。
東医体で先輩方が引退され、幹部学年というだけでなくチームの最高学年にもなるので、同期とともに練習やプレー面だけではなく精神面でもチームを引っ張っていけるよう頑張っていきたいと思います。

これから一年間の課題は個々人のレベルアップです。あまり試合経験のないメンバーも試合に出ることになるので、しっかりと基礎からもう一度練習したいと思います。
セッターを筆頭に、ほとんどのポジションが今までとは違うメンバーになると思うので、各自の適性を見ながらチームを作っていきたいと思います。

ここで、今年の大会の日程を報告させていただきます。
10/8.9 秋季リーグ (旭川、詳しい会場は未定)
10/15 チャレンジリーグ(会場未定)
10/22 入れ替え戦 (会場未定)
2/17.18 道央リーグ(会場未定)

今年度は上記の残り4つとなりました。

秋季リーグは今回からは4部となるので、今までより対戦相手のレベルが上がりますが、4部1位となり3部との入替戦に出れるよう頑張りたいと思います。

これからも引き続き、医学部バレー部の応援よろしくお願いいたします。
簡単ではありますが、これで主将の挨拶を終わらせていただきます。
 

(無題)

 投稿者:藤畑  投稿日:2017年 8月 7日(月)13時36分49秒
  神谷先生

投稿ありがとうごさいます。ギリギリの人数の中、無事に東医体を終えることができてよかったです。
結果は伴わなかったものの、これからのチームの成長につながる大会だったのではないかと思います。

神谷先生にはこの1年間、部活だけでなく学業面など様々な場面でお世話になりました。お忙しい中にもかかわらず、いつもバレー部を応援してくださってありがとうごさいました。
今後とも、北大医学部バレー部をよろしくお願いいたします。


 

東医体

 投稿者:神谷温之  投稿日:2017年 8月 4日(金)15時58分50秒
  藤畑君

報告を拝見しました。残念な結果に言葉が見つかりませんが、ケガのできない中での連戦、本当にお疲れ様でした。札幌から応援していた皆さんも、きっと同じ思いではないでしょうか。

藤畑君と富田君は引退とのこと、これまでの尽力に敬意を表します。私から見ていても、上級生の皆さんがまいた種は、いい形で育っていると感じています。今年の経験を生かして、来年に向けてどんなチームになっていくか、楽しみにしています。

しばし、ゆっくり休んで、また前に進んでください。

神谷温之
 

東医体結果

 投稿者:藤畑  投稿日:2017年 8月 4日(金)13時23分14秒
  主将の藤畑です。8/1から始まった東医体の結果を報告します。

順天堂戦
0-2 (8-25,13-25) 負け

岩手医科戦
0-2 (27-29,21-25) 負け

山形大戦
0-2(19-25,21-25) 負け

結果0勝3敗で、リーグ戦敗退となりました。順天堂戦は相手の精度と威力の高いジャンプサーブを最後まで拾いきれず、力の差を見せつけられました。
岩手医科戦では1セット目で6点差つけてリードしたものの、こちらのミスが続いてしまいデュースに持ち込んだものの粘りでセットをとられてしまい、その勢いのまま2セットともとられました。
最終の山形戦では格上相手であり絶対的エースをどう封じるかがカギになっていました。その作戦が上手くいき、相手のエースの攻撃を封じることはできたものの、エースのジャンプサーブやレシーブ力が高く粘り強いつなぎに苦しめられ、善戦したものの敗北しました。
今大会はレベルの高い相手と戦うことができ、多くのジャンプサーブや高いブロックなどを実感することができました。次の幹部のチーム作りに生かしてほしいと思います。

結局、またしても東医体で勝利を挙げることができませんでした。
この悔しい思いを胸に、来年の東医体では勝利をあげてほしいと思います。
今大会で幹部が入れ替わり、次の主将は3年生の石津になります。



今大会で6年の富田と私、藤畑が引退となります。ここまで不自由なく活動ができたのもOB、OGの方々の支えのおかげです。本当にありがとうございました。今後とも北大医学部バレー部をよろしくお願いいたします。
 

東医体

 投稿者:藤畑  投稿日:2017年 7月31日(月)22時39分43秒
  主将の藤畑です。遅くなってしまい申し訳ありません。
東医体が明日に迫って参りました。掲示板への書き込みのトリなので、この1年間の想いをたくさん、本当にたくさん綴ろうと思います。

ぼくにとってこの1年は、挑戦と挫折の1年でした。
僕が幹部になった1年前、1つ上の主力がガラッと抜け、同期もみんな引退し1人での幹部スタートでした。
自分が幹部になって、変えたいところ、新しくやりたいことがたくさんあったので試行錯誤しながら新しいことを取り入れていく、駄目だったら止めて新しいことをやる、そんなことを繰り返してきました。最初は新チーム体制になってから秋学連まで1ヶ月無い中で、チーム練では無くパス練をフォームから始めたり、1日の練習をチャンス中心のパスや、スパイクのフォーム、ミート練に費やしたり本当に基本的なことから始めました。
秋学連以降も、3メンの新しい形を取り入れたり、様々なチャンス練で徹底的にパスを練習したりと新しいことを取り入れ、できるようになってきたらまた新しく取り入れてきました。週1回のミーティングを新しく始め、みんなで練習メニューを話し合ったり、チームの形を考えたりもしました。マネージャーともカットノートや打数ノートの書き方を変えて、どれが一番チームにプラスかを考えたり、練習でもどう動けば効率的か等も一緒に考えました。
また、部活には全く関係ない人だけど、バレーの上手い友達を呼んでプレーはもちろん、バレーの考え方を教えてもらうなんてこともしました。
こうして少しずつ新しいことをみんなで考えて、取り入れて実践していくことをしていくうちにチームの形が段々と出来ていきました。

このとき僕の生活の大部分がバレーボールのことを考えることでいっぱいでした。それでもいろいろと挑戦することは楽しく感じていました。

しかし、こうしていろんなことを試行錯誤しているうちに僕は何か根本的なところを見忘れていたのかもしれません。冬になると次々と部員が減っていきました。元々部員が少なかったのに、そこから更に一気に3人が辞め、自分がやってきたことへの疑問と、何もできない自分にただただ無力な自分を思い知らされるのみでした。これまで部活の練習を考えていましたがこれを機に、練習よりも部員が減ることへの恐怖が大きくなりました。自分が少しでもしっかりしたキャプテンだったら部員は減らなかったのでは、充実した環境を与えられなかった自分に怒りを覚え、部活への気持ちも切れかけました。
その後残った部員からも、部活を辞めたいという声を聞いたりして、自信を完全に失いました。
このころから本当にバレーボールが楽しくなくなりました。どうしてこんな思いをしながらバレーをしなければいけないのか、もっとチームのことを考えて、バレーだけのことを考えれたら、などと自分勝手なことを考え始めました。
でも今思い出してもそれくらいおかしくなるほど辛かったです。もう逃げ出したくなりました。このころからストレスで(?)体調を崩しやすくなり、勉強も全く手がつかなくなり(元々勉強するタイプではなかったけど)、完全に泥沼にはまっていきました。この頃の自分を知ってる人はみんな、顔に生気が無かったっていってました(笑)。
それでもキャプテンとしてチーム作りはしなくちゃいけないんですよね。まわりに迷惑かけたくないタイプなので話さなかったんですけど、雰囲気から察してくれた人たちが話を聞いてくれたりして、このときは本当にいろんな人に支えられてきました。
自分の力不足でたくさんの人に悲しい思いをさせてしまい、なにもできることが出来なくて本当に申し訳ありませんでした。



ここまで日記みたいに綴っただけなのでまとまりないですね。
3月までは完全に心が折れてメンタル崩壊状態でしたが、それでもチーム作りは続けてきました。練習も基本的な練習を続けてきたおかけでパスやスパイクは最初に比べて格段に成長したのではないでしょうか。部活の雰囲気があまり良くならない中でも、部員たちは練習には真面目に取り組んでくれたからだと思います。みんなの向上心があったから僕もメニューを頑張って考えていけました。

そして春が来て、たくさんの個性的な(?)楽しい新入生が入部してくれました。これは本当に申し訳ありません。嬉しいニュースでした。部活に活気が出て来て、春学連では約3年ぶりに4部復帰、北医体では去年に続き決勝リーグ進出とチームに勝ち星が増えていきました。1年生の力も大きかったのですが、一緒に基礎練をしてきて上手くなった2年生以上の部員たちの活躍もあっての勝利でした。

ここまで勝利が増えてきて、自分がやってきたことは間違っていなかったのかもしれない、春まで部員が減りながらも残ったプレーヤー、マネージャーみんなで練習を頑張ってきたからこの結果が出せたんだと思います。
結局、結果論なのかもしれないですけど僕はそう感じました。

この1年間は自分を成長させてくれました。辛く悲しいことの記憶が強いけれど、それでも逃げ出さずに向き合い、いままでで一番の挫折を感じたけど自分の弱さを知ることもでき、チームを変えようと努力したこの1年はきっと将来の糧になってくれると思います。


1年間、キャプテンを続けることができて本当によかったです。それは自分の力だけでは絶対に乗り越えられませんでした。いつもバレーに真剣でチームのことも一緒に考えてくれた2年生以上のプレーヤーや、今まで以上にいろんなことをしてもらい、ともに乗り越えてきたマネージャーたちの協力があってだと思います。本当に心から感謝しています。
ここで、唐突ですが部員たちに向けた感謝の言葉をこの場をかりて書かせてもらいます。

1年生
東医体来れないから言いたいことここに残していくね笑
まずは入部してくれてありがとう!今年は元気で個性的なのが多くていい学年だなって思ってた。短い間だったけど、一緒にバレーできて楽しかった。これから部活を続けていく上で大変なことはたくさんあると思うけど、みんなで乗り越えてほしい。ブッチャー、ゆうへいはこれからの新チームをプレーで引っ張っていってほしい。原と秀大は初心者スタートだけど確実にうまくなってるしセンスがある、でもなにより向上心の高さが一番の才能だと思う。今後の活躍楽しみにしています。あやぽこ、ゆうき、こと3人ともいつも真面目に仕事取り組んでくれてありがとう!北医体以降は全然相手できなくて本当に申し訳なかった。なにも言わなくても自分達で取り組んでくれるからすごく安心でした笑
先輩マネがいないのは大変だと思うけど、仲良いし3人できっと乗り越えていけると思う。今後も練習のサポートよろしくねm(__)m


2年生
この1年間、辛い思いばかりさせてしまったね。本当に申し訳なかった。いおりはあと1年頑張ってね。これからのムードメーカーになってくれるかな(?)。かきと星香は1年間頑張ってくれて本当にありがとう。いつも気を使わせてしまったね。今後もバレー部の、特に1年マネのことをよろしく頼むm(__)m

3年生
まあ、なんだかんだ一番付き合いながい気がする。もう同期なんじゃないかってくらい。4人中3人が俺が新歓担当してて、最後の東医体に3年生たちと試合するのはなにか運命を感じるね。細かいことは東医体終わってからだね。まずは東医体頑張ろう!

6年生。というかとみけんさん。
とみけんさんには感謝の気持ちしかないです。自分達のためとかでは無いかもしれないですけど、復帰してくださって本当に助けられました。本当にありがとうございました。せっかく復帰していただいたのに充分な環境でバレーをさせてあげられなくて申し訳ありませんでした。僕のバレー生活がとみけんさんのトスで始まり、とみけんさんのトスで終われることが嬉しいです。最後の東医体、頑張りましょう!



最後に
ここまで支えてくださったOBOGの皆さん、引退プレーヤーやマネージャー、お忙しい中いつもバレー部の飲み会に参加してくださった顧問の神谷先生、バレーボールを通じて関わってきた他大学の人、長年北医バレー部を見守ってきてくださった体育館管理人の増山さん、こんなにもたくさんの方々に支えられてきました。感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。


ものすごく悩みましたが、自分のこととチームにとってどちらが良いか考え、今回の大会で引退することを決断しました。
レフト出場から始まった1年生の東医体から3年、僕が試合に出始めてから1度も勝利がありません。
自分から始まった敗戦の歴史に終止符をうつべく、何としても今回の東医体で勝利を手にしたいと思います。

最後の公式戦、この1年間の集大成を思い切り楽しんでやりきりたいと思います。

1年間、頼りないキャプテンでしたが、本当にありがとうございました。
 

東医体

 投稿者:富田賢剛  投稿日:2017年 7月31日(月)14時09分6秒
  お世話になっております。6年の富田です。

この一年間は意図せず最上級生として部活に在籍する形になってしまいました。後輩達に何かを伝えるといった崇高な振る舞いは出来ず、ただ自分がバレーボールしたい一心で活動させていただきました。また、様々な方の支えがあって、ここまでやってこれました。本当に感謝しています。

今回の東医体で自分はバレーボールに区切りをつけるつもりです。非常に寂しい気持ちが大きいですが、卒後はOB会の一員として、この部活を応援していきたいと思います。現役部員として挑む最後の大会として、まずは自分自身が悔い無くプレーすることが最低限の目標です。また、一緒に戦う後輩達に対して、来年以降の試合に繋がる有意義な試合を作ることができればと考えています。

さて、自分がこの部活に入部した6年前、バレー部は人数不足から学連への出場も危ぶまれるような、廃部の危機でした。そんな中OBの先生方には、この部活の身を案じていただき、さらには大会のみならず通常の練習へも応援に来ていただいたこともありました。そのようなご支援の甲斐あって、現在では廃部の懸念など全くない状況にまでになりました。今回、学校のテストなど種々の影響により選手6名のみで東医体に向かうということで、御心配おかけしてしまうのではないかと危惧しておりますが、どうか安心していただければと思います。いま、この部活は人数がまずまず揃い、強いチームになっていくスタートを切ったところです。そんな中引退するのは本当に悔しいですが、今大会は今後につなげるためにも、6人でできる全てを出し尽くしたいと思います。
 

東医体へ向けて

 投稿者:辻野紘史  投稿日:2017年 7月30日(日)16時39分41秒
  こんにちは。3年プレーヤーの辻野紘史です。
今年もいよいよ東医体の季節になってきましたが、時が経つのはあっという間で、もうそんな時期なのか、と内心驚いていると同時に、今までずっと一緒に練習してきた先輩方達とバレーをできるのがあとわずかなので、心寂しい気持ちも抱いています。
私は去年の東医体が初めての東医体で、出番はなく、応援するばかりでした。惜しくも負けてしまった先輩や同期を見て、チームが負けてしまった悔しさと、自分が試合に出れない悔しさが募り、来年は自分がコートに出て絶対チームに貢献してやる、という強い執念を燃やすようになりました。東医体が終わってからは、代やメンバーも変わり、自分も試合に出る機会が増え、それから1年間レフトとして、チームの仲間に助けられながらひたむきに練習してきました。
4月になって、新しい部員も加わり、チームに活気が出てきました。今回1年生には大学の試験があるため、今年の東医体で一緒に戦えないのは本当に残念です。こちらも東医体で全力で戦ってきますので、1年生は試験と全力で戦い、無事受かってきてください。
2年生も東医体の期間中は試験だと思うので、札幌から応援していてください。
今年は、プレーヤー6人という非常に少ない状況での大会ですが、今までいつも練習を共にしてきた頼れる仲間がいるので、自信を持って臨みたいと思います。そして、私もレフトとしてチームに貢献し、必ず勝利をつかみます!
そして、この東医体が最後となるとみけんさん、キャプテンとしての集大成となるふじけんさん、今まで本当にお疲れ様でした!もっともっと一緒にバレーがしたいので、決勝リーグに必ず勝ち進みましょう!
また、今回マネージャーとして2日目からサポートしていただく、さえさんとみなさんには、本当に感謝してもしきれません。ありがとうございます。
 

レンタル掲示板
/84