teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


寒中お見舞い申し上げます

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2016年 1月 8日(金)21時08分31秒
編集済
  今年もよろしくお願いします。
旧年中もいろいろなことがありました。
・自分が以前にこの掲示板で紹介した松本山雅がJ1に残留できず、長野もJ2昇格に失敗したため今年は長野ダービーが復活しないこと。
・「"ガンダムAGE"は黒歴史」の裏書きを福岡市文化芸術振興財団がやったこと(ttp://www.ffac.or.jp/news/detail82.html、平成27年度福岡市文化賞・福岡市民文化活動功労賞の受賞者が決定しました! - ニュース - 福岡市文化芸術振興財団 より、正確にはそのページからのpdfへのリンク)
・キャプテン翼がパチンコ化した(ttp://www.sansei-rd.co.jp/products04/tsubasa/index.html、サンセイ R&D | CR キャプテン翼)ら、パチンコ台不正問題を巡ってホールとメーカーの泥仕合が勃発したという"キャプ翼の呪い"なこと。
(実を言うと、「キャプテン翼をパチンコ化するんだったら、コーエーテクモと陽一先生、よりを戻せば良いのに」と思ったのは私だけでしょうか。)
・"スポーツ・グラフィック・ナンバーPLUS スポーツマンガ最強論(文藝春秋社)"の第一特集がキャプテン翼だったこと。
・そのうちの企画、"『キャプテン翼』夢のマイベスト11"にナトゥレーザやジェンティーレ、リバウールを推した人がいても、ゲルティスやコインブラを推す強者がいなかったこと。
・同じく、名波監督や藤田俊哉コーチが自分たちをベスト11に推すほど「厚かましく」無かったこと(確か、岬と石崎と浦辺の公式戦デビュー、二人の故障による欠場が絡んでいたんじゃ)

それで今年も新年早々、ある意味「この見方は気がつかなかったわ……」的な"キャプテン翼(無印)"の日本サッカーにおける弊害を指摘している雑誌を発見しました。
"フットボール批評(カンゼン)"9号『「サッカーはつまらない」なんてだれが言った?』内の"シリーズ:守備のセオリーに反するサムライたち特別編"「『キャプテン翼』の功罪-日本の育成現場に『スライディング禁止令』を発動すべし-(宮崎隆司)」です。
スライディング・タックルが外せば「あちゃー」と笑うしかない悲喜劇(同第九回、2015年Jリーグ「ザ・ベスト珍スライディング・アワード」を受けてのもの)だったというのは初めて気付かされました。
(事故って攻撃側選手に足をいれて負傷、という「どう考えても笑えない」惨劇の存在も併せて考えると……)
以前「キャプテン翼と守りの文化の不在」の因果関係についてイタリア人記者がネット上で書いたというのはここで伝えましたが日本人が「キャプテン翼と守りへの誤った認識」の因果関係を雑誌上で書いたは初めてじゃないんでしょうか。
今回はこんなところでしょうか。舌足らずながらも報告のみ。

追伸
"シリーズ:守備のセオリーに反するサムライたち特別編"「『キャプテン翼』の功罪-日本の育成現場に『スライディング禁止令』を発動すべし-(宮崎隆司)」内でも書いてあったことなのですが。
"スライディング・タックル一辺倒(というよりはもはや信仰)"がキャプテン翼の影響なら、陽一先生の"スライディング・タックル一辺倒"は一体どこから来たんでしょうか?

追伸その2
陽一先生と日野社長で思い出した。
「あのとき必要だった人が今必要とは限らない」は良くある話で、
「今以て代わりの人がいません(サッカーのチカラ展やオレンジの翼プロジェクトなど)」な陽一先生周りは切ない話だけど、
「昨日確かに必要(ダンボール戦機)で明日必要になるであろう(妖怪ウォッチ)人が今日必要とは限らない(ガンダムAGE)」日野社長ほど、タチの悪い話はないなぁ……。
 
 

はじめまして

 投稿者:外道竜神  投稿日:2015年10月 6日(火)05時58分48秒
  >べべんですさん
 はじめまして。書き込み&ご来場ありがとうございます。
 君望発売のころにというとかなり年季が入っていますね。
 コンテンツなどが消えていて、あるだけという状態になっていて
申し訳ありません。
 本業が無茶苦茶忙しい関係で、こちらの更新などは手がつかず・・・。
 Twitterなどはありません。こちらもすみません。
 

初めまして・・・!

 投稿者:べべんです  投稿日:2015年 9月13日(日)01時46分59秒
  外道竜神さん、初めまして。
君望発売の頃に、閲覧して楽しませていただきました。
今更のご挨拶となり申し訳ありません。

最近は数年に一度の閲覧でしたが、残っていた安堵感で書き込んでしまいました。
存続している嬉しさが身に沁みました。
また、気ままに拝見させていただきます。

追伸、掲示板は最高ですね。
とか言いながら、Twitterとか有るのですか?
野暮でしたら御免なさい。
 

バックアップ

 投稿者:外道竜神  投稿日:2015年 7月30日(木)05時32分27秒
  >Katsuya改め割也さん
 お久しぶりです。書き込みありがとうございます。
 返信が遅れ申し訳ありません。
 バックアップは残ってはいるのですが、大半が古いバックアップ用ハードディスクの奥底に。
 いつか整理した方が良いのかなぁと思いつつ、先延ばしになっています。
 返す返す申し訳ありません
 

久しぶりに来ました

 投稿者:Katsuya改め割也  投稿日:2015年 7月 1日(水)21時17分34秒
編集済
  久しぶりにこのサイトを思い出して来ました。

>うっかり、トップページなどいろいろなものを消してしまった
ローカルにバックアップは保存していなかったのですか?
 

HP更新

 投稿者:外道竜神  投稿日:2015年 3月10日(火)23時30分11秒
  ふと思いいたってHPを整理しようとしたら、うっかり、トップページなどいろいろなものを消してしまったので、とりあえず、掲示板とリンク集だけ復活させます。
今後の更新は未定です。
申し訳ありません。
 

センターバックの重要さ

 投稿者:外道竜神  投稿日:2015年 1月19日(月)20時21分28秒
  >雑音領(ざつね・りょう)さん
 レスが遅れ申し訳ありません。
 キャプテン翼で印象に残るDFというと・・・、多分、知名度のある
無印だと絶望的に苦しいかも。
 翼を苦しめたDF自体、早田と次藤しかいませんから。(松山はMFとして対戦)

 徹底したマンマークの早田、
 巨漢の壁役の次藤、
 根性とスタミナで複数人分走り回って、相手の選択肢を狭める石崎、
 ディフェンスの司令塔の松山

というように、実はマンガ的に異なるタイプのDFがそろっているのですが、
そういった個性というのはうまく見えてこなかったような気がします。
当時の漫画的な表現の中で、ライバル対決という個人対個人の対決に
重点が置かれ、チームとしての強さを描くことは、作者だけでなく、
当時の読者にとってもわかりづらかったという面があるかもしれません。

バルサやレアル・マドリードの話については、日本の漫画がいかに世界的に
広がっているかという好例でしょうね。
マンガでしかなかったはずのものが、現実になっているのも少なくありません。
ドライブシュートなんかは、日本でも使う人がたくさんいるようですし、
海外でプロになるのも当たり前のようになってきました。
良くも悪くもマンガの影響がひときわ強いのが日本と言えるかと思います。

DFの素晴らしさを描くマンガが流行ればとも思いますが、
なかなか難しいでしょうね。
やっぱり見栄えがするのはシュートシーンかゴールシーンですし。
DFが主役というと、昔、『リベロの武田』というマンガもありましたが、
結局超人シュートがまかり通るマンガになった挙句、打ち切りでしたし。
 

新年あけましておめでとうございます

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2015年 1月 6日(火)15時27分24秒
  今年もよろしくお願いします。
新年早々、こんな物を見つけてしまいました。
ドメサカブログ : “キャプテン翼”の高橋陽一先生が描く松本山雅FC(ttp://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52113169.html)
……、信濃毎日新聞の本音が、

来年は(J1から降格した松本とJ3から昇格した長野による)J2での長野ダービーだ!

と言うのなら、もはや何も言うことがありませんが……。

・旧年中のことあれこれ
>日向の現状ですが、WY編までは週刊少年ジャンプなので、知られているんですが、それ以降はどうでしょう?

>ただ、紹介していただいたコラムは、キャプテン翼が何度もシリーズ化されていることを知っているあたり、かなりマシな方だと思います。
(外道竜神様)

これで思い出したのが、

「大空翼、FCバルセロナ(以下、バルサ)に選手登録された件」と
「そのこと陽一先生にくってかかったレアル・マドリー(以下、R・マドリー)のペレス会長(当時)」

の件でした。
自分はこの件、

「両チームとも翼やナトゥレーザがいなければ何も出来ない烏合の衆扱いされている("Roadto2002")のに、喜々としてバルサに入団させたりそのことについてペレス会長がくってかかったりする馬鹿騒ぎ」

としか受け取れなかったのですが、
落ち着いて考えてみたら、

・日本でも世間ではよく知らない話(日本の世間では"Roadto2002"どころか翼バルサ入りまでを扱った三回目のTVシリーズアニメ化もあまり知られてないはず)で、
・タイアップしたわけでもバルサから発注されたわけでもない漫画のキャラクターが、
・漫画内でバルサに入団したことを知って後付けで実在のバルサ(欧州屈指のビッグクラブ)に入団させ、
・そのことについてR・マドリー(こちらも欧州屈指のビッグクラブ)の会長が実在の選手のバルサ入りばりに漫画の作者にくってかかる。

と言う、とてつもない話だったんですね。

・キャプ翼の呪いとは、加茂監督(外道竜神様)や反町監督(雑音)がどうこうと言う規模の話ではないのか、と言うこと。

>サッカーの方ですが、キャプテン翼ワールドでは、守備力イコールGKの実力でしたしね。
(外道竜神様)
これと関係があるのかどうか、分かりませんが、去年に遠藤保仁選手がこんなことを言っていました。

遠藤保仁が語る日本代表の課題「世界に通用するセンターバックがいない」 - ライブドアニュース(ttp://news.livedoor.com/article/detail/9623013/)

で、考えてみればキャプ翼の世代別日本代表のセンターバックって、
・松山や三杉のようなMFの左遷先
・職務がセンターバック(と言うか、現実のサッカー)のそれではない(スカイラブ・ツインシュートの砲座)次藤。
……、これでは「キャプテン翼のせいで良いFW(日向の星回りの悪さは相当な物)が出ない以上に良いセンターバックが出ない(理由は上記の通り)」
のも致し方ない、と言ったところでしょうか。

今回はこんなところでしょうか、では。
 

キャプテン翼の知名度

 投稿者:外道竜神  投稿日:2014年11月19日(水)23時35分20秒
  >雑音領(ざつね・りょう) さん
書き込みありがとうございます。
そして、返信が遅れまして申し訳ありません。
自分のページを見る頻度が落ちているのを感じる・・・。
サッカーの方ですが、キャプテン翼ワールドでは、守備力イコールGKの実力
でしたしね。
一応、漫画版ではブンナークとトラムという強力DFがいましたが・・・。
ワールドユース編のアジア最強DFはオワイランのはずですが、
若林から点を取ったところしか覚えていない・・・。
DF軽視というのは、テクモゲームでは一層顕著でしたから。
テクモのゲームで守備で怖かった選手というと、3のシェスターですか。
パスカットが異常に上手い選手でもないと、接触しなけりゃ
対策できてしまいますから。
ただ、紹介していただいたコラムは、キャプテン翼が何度もシリーズ化されている
ことを知っているあたり、かなりマシな方だと思います。
ちなみに外道の方は、今、キャプテン翼がどこで連載されているのか、
わかりません!いやマジで。

 

待ちに待ってた、やっと出た?

 投稿者:雑音領(ざつね・りょう)  投稿日:2014年11月12日(水)22時47分41秒
  どうも、雑音領です。
オレンジの翼プロジェクトの後日談として、
Q:クラブがスポンサーの都合でキャプテン翼と関わり合いになってしまったらどうするか?
A:「流し雛」の要領でコラボした選手をよそに移籍させることで「キャプ翼の呪い」から免れる。
と言う、「普通思いつかんし、思いついても実行せん(看板選手を移籍させることになるため)」ことをやった話(川又選手はその後、名古屋グランパスに移籍しました)とか、
その名古屋グランパスの特別企画、明らかに企画段階で破綻している(ttp://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52100155.html、ドメサカブログ : 名古屋グランパスが“選手等身大抱き枕”プレゼントキャンペーンを実施)なぁ、
とか、いろんな話を塩漬けにしている内に、表題のような感想になった物を見つけたので一つ。
フットボールチャンネル(ttp://www.footballchannel.jp/)内のコラム、
『キャプテン翼』は現実にあらず。“攻撃的サッカー”で4失点…日本に欠ける守備への理解。育成年代から改革を (ttp://www.footballchannel.jp/2014/11/11/post55358/)
に、キャプテン翼の弊害めいた話を取り扱ってました。
キャプテン翼の弊害について、日本サッカーの視点から取り扱ったのは初めてなのではないでしょうか。

以上、報告のみで失礼いたします。

追伸
上記のコラムが、

>もし理解出来なかったとしても、Jリーグで“楽しい試合”を見ることは可能だ。しかし、国際大会でトロフィーを掲げるのは『キャプテン翼』の新シリーズに期待した方がいい。

で締められているあたり、(現在マドリードオリンピック編が連載中と言うことを見落としていることについて)詰めが甘いというか、それを責めるのは酷な話というか……。
 

レンタル掲示板
/40