teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昇段理由

 投稿者:権兵衛  投稿日:2013年 8月15日(木)14時04分30秒
  管理者様

千葉に帰省しております。

昇段は、認定指導者登録する上で、千葉の道場から強く要請されていました。

ところが、受審前に転勤となってしまい、石川県の道場に相談したところ昇段が許された
というのが真相です。

管理者様の仰るとおり、弐段と参段とでは、全く待遇が異なります。
不思議なものです。
高校で取れる段位と大学若しくは実業団で取れる段位の違いでしょうか。
 
 

祝 昇段

 投稿者:管理者  投稿日:2013年 7月 1日(月)23時37分3秒
  <<権兵衛様
ご無沙汰いたしております。
掲示板のチェック・・・遅れて申し訳ございませんでした。

参段は一つの目標ですよね。
柔道をしない人は段位で強さ?を判断するらしく
弐段は大して驚かないのに、参段と答えると一目置かれますよネ!

これからも、精進して上位の段を目指して下さい。
鹿児島の田舎から応援しております。
 

昇段

 投稿者:権兵衛  投稿日:2013年 6月16日(日)16時21分42秒
  ご無沙汰しています。

さて、転勤先の石川県で三段に昇段することができました。
色々とありがとうございました。
 

上村会長は潔く引責辞任すべし

 投稿者:無為無策  投稿日:2013年 4月23日(火)23時21分51秒
  上村会長は、自分が会長を務める事が日本柔道のためになると思っているのでしょうか。責任を取って潔く退任することの方が日本柔道のためになるのはないでしょうか。全柔連という組織を私物化していると批判されてもやむを得ないと、私は思います。

6月に理事会が開かれるといいます。その時まで上村会長はそのポストに居座るつもりでしょうか。あるいは、その後もさらに会長として居続けるつもりなのでしょうか。まさか、会長にふさわしい力量の人材は自分しかいないと思っているわけではないでしょう。

第三者委員会の見解を待たなければ何もできないとは情けない限りです。「泣いて馬謖を斬る」という言葉もあります。如何にそのポストが魅力的であっても、潔く身を引く事こそ器の大きさを示すのではないでしょうか。

http://mondai-kaimei2011.blog.so-net.ne.jp/2013-04-19-3

 

指導者の条件

 投稿者:無為無策  投稿日:2012年 6月28日(木)00時50分9秒
  確かに試合においては、技術が同じレベルならばあとは精神面の強さが勝負を左右すると思います。

「どんな選手であってもミスをしてしまうものである。良い選手、強い選手の条件というのは、ミスをした状態の気持ちをいかに早く切り替えて、新しい気持ちで次のプレイに入っていけるかにかかっている」
(メンタルトレーニング ~ワンランク上を目指す~より)
 

自他共栄

 投稿者:管理者  投稿日:2012年 6月24日(日)12時53分26秒
  私の経験から、
人格のない者は競技者として大成しません。
試合になると、技術よりも精神面が勝負を左右することが多いものです。
指導者はそれを十分理解しているので、競技者の生活指導にも、かなり時間を費やします。
 

指導者としての心得

 投稿者:無為無策  投稿日:2012年 6月24日(日)02時04分34秒
  指導者としての心得
http://www.genseiryu.jp/ より (抜粋)

人が人を導く。指導者になったその時から指導する相手に対して無限の責任が出てくる。特に武道の場合、指導者の人格が直接投影するという意味で技術的な指導能力と共に、一人の社会人としての、又その道における先達としての生き方そのものが後進の批判に耐え得るものでなくてはならない。

基本的に考えなくてはならないのは指導者である前に夫々が企業人であり、商人であり、公務員であり、というように一般的には普通の社会人であるという現実である。

私達が後進を指導するに当たって何を目的とするかは究極、“よりよい社会人が、社会全体がバランス良く運営されていく為に役立つ”そしてそのことによってその人達自身も生かされて行く。

「人作り」というのはおこがましいかも知れないが、しかし、胸を張って、たった1人でもよい。良き社会人を育て得たと自負できるなら、私達自身が人間として成長し得ると信じるからである。

いかにゴリラの如く強くても、礼儀知らず、非常識で、倫理観に欠け、自分の事しか考えない。そういう人間は社会にとって“百害あって一利もない”と知るべきである。「自他共栄」という言葉は柔道界の巨人 嘉納治五郎先生の教えであるが、戦国乱世の処世と現代の処世とでは、自ずから人としての生き方に相違があるのは当然であり、指導者に求められる資質は好むと好まざるとに関わらず、指導者になったその時から無限に人の師たる自覚と責任の重さを伴うものであり、そのことを思わずして指導者の資格はないというべきである。

所詮人は神ではなく、また完全無欠ということは私自身を含めてあり得ない。しかしそういう理想を掲げ、そこに近付く努力をすることが大切であると力説したい。それすらも怠るのであればもはや指導者たらんとするのは間違いであると知るべきである。

http://www.genseiryu.jp/rules/index.html

 

指導者の役割、親の責任

 投稿者:無為無策  投稿日:2012年 6月16日(土)12時17分51秒
  私が読んでいるメールマガジンにいい記事が載っていました。それは、発想を変えることの重要性を映画「マネーボール」を見て痛感したというものでした。
(以下、そのメルマガからの引用です。)
お金がないから諦めてしまうのか、あるいは視点を変えて違うことをするかです。他の人がやったことのないことをやるにはうまくいくかどうかわからないでしょうから勇気が必要です。それを信念を持って実行していくところが参考になりました。

指導者の役割、親の責任
http://plaza.rakuten.co.jp/butokukai/diary/?ctgy=12
 

管理人さんの立場に同感

 投稿者:無為無策  投稿日:2012年 6月 7日(木)22時55分29秒
  管理人さんの立場を考えればその言われることはもっともだと思います。

どこに怒りをぶつけたらいいのか、どう意見を表明したらいいのか、私たちはもっと慎重に考えなければいけないと思います。

どんな組織であろうと、問題のない組織などありえないと思います。その組織の構成員が問題点を表明することなく組織が良くなることは望めないでしょう。

少しでもいい組織にするために、より良い社会にするために、私たちはもっと意見表明すべきです。時と手段をわきまえて。
 

悪法もまた法なり

 投稿者:管理者  投稿日:2012年 6月 6日(水)23時43分54秒
編集済
  皆様のおっしゃることは全て正しいです。
でも,我々がここで議論しても前には進みません。
「踊る大捜査線」で,いかりや長介が言った
「正しいことをしたかったら偉くなれ」という台詞が身にしみます。
監獄法改正案が何回も廃案になった歴史でもわかるように
日本の法律及び職種からみたら,刑務所(刑務官)なんて点にしか過ぎません。
法を変えようと思ったら,刑務官,それも看守部長以下から
国会議員を3名以上当選させることが必要でしょう。

申し訳ないですが,私の掲示板で
刑務所の実情を刑務所を知らない一般の方々に紹介するのはかまいませんが
上司の批判を初めとする勤務態勢等に関する不満を述べることは
職員として恥ずべき事だと思われるので,やめていただけないでしょうか。
そのようなことは,他の掲示板でお願いします。

どこにでもあるようなちっちゃなグチや出来事が私は好きです。
その中でも柔道は大好きです。
「世の中が思うようにいくのなら,カニも横へは歩かない」とも言いますヨ
 

レンタル掲示板
/22